シムラについて

スタッフブログ

タグ: 古民家移築プロジェクト

『シムラ新プロジェクト』始動!日記-Vol.5-  長野から古民家がやってきた!

広報スタッフのマサゴです。

「シムラ古民家移築プロジェクト」は、上棟から2ヶ月半が経ち、外壁と内壁は土壁の左官で仕上げしっとりと美しく、古材と新旧が織り交ざる空間が立ち上がってきました。

 

古民家ネーミング応募で「古民家むく」に決まり、キッズカフェ・キッチン&DIY スタジオ・木のおもちゃ広場で、ご家族でみんなで楽しめるスペースです。

場所は、青梅市新町の青梅街道沿いです。

2月24日にオープンします!お待ちくださいね。

 

 

古民家移築プロジェクト

今日は朝から、社長をはじめ社員総出で梁と柱を大掃除!

長野から移築した100年を超える構造材を雑巾がけで労います。

青梅の土地にも馴染みそうですね。

これから設備や内装が入り、着々と工事が進んでいきます。

 

『シムラ新プロジェクト』始動!日記-Vol.4-  長野から古民家がやってきた!

杜スタッフ、ゆかさんです!

お待たせしました!いよいよ8/27(日)古民家上棟祭に向けて着々と工事が進む、シムラ新社屋古民家移築プロジェクト!

本日、とても大きな出来事がありました

==========

今年の一月から動き出したこのプロジェクト

まだ雪深い長野に古民家の視察に行ってから早7か月。

雪景色02

このころはまだまだ、古民家移築プロジェクトは夢物語のような気持ちでいました。

着々と準備が進み、皆様へのご報告も済み、いよいよ8/27(日)は古民家上棟祭です。

古民家上棟祭を前に、とうとう解体されきれいに磨かれた古民家の柱が青梅にやってきました。

およそ150年前の建物ではないか。。。と、大工さんは目を細めながら、長い月日をかけて力強く古民家を支えてきた柱を見つめていました。

150年前。。。幕末くらいでしょうか。ピンとこないくらい遠い遠い昔に建てられた家が、今

長野から青梅にやってきて、新たな歴史を刻むことになるなんて。

遠い昔にこの古民家を建てた大工さんたちは思いもよらなかったと思います。

この、古民家の150年の歴史にどれだけの笑顔が刻まれたのでしょう。どれだけの出来事があり、何世代の家族が過ごしていったのでしょう。

そんな想像をするだけでも、深く感慨深い気持ちになります。

そして、これから、青梅にやってきたこの古民家は、どれだけたくさんの人たちを笑顔にし、思い出を作っていくのでしょうか。

たくさんの歴史と、思いを詰め込んだ シムラの古民家移築プロジェクト。

節目のひとつ。

長野から青梅へ旅をした古民家の様子をどうぞ、ご覧ください。

長野から、眠りから覚めた古民家の柱が 青梅にやってきた!

その模様が動画でご覧いただけます

↓↓↓↓↓↓

IMG_4067

古民家移築 長野から青梅へ

↑↑↑↑↑↑

*クリックするとyoutubeが立ち上がります

この古民家の柱が見れる!上棟祭は8/27(日)13:00~開催です!

餅撒きも開催します!ぜひ!ご来場ください

http://sumitai-ie.jp/newslist/2017/07/13168/

上棟祭単体チラシ裏-300x206

上棟祭単体チラシ表-300x213

 

 

 

 

 

 

『シムラ新プロジェクト』始動!日記-Vol.3- 『シムラ新社屋』地鎮祭

『シムラ新プロジェクト』始動!日記-Vol.3- 『シムラ新社屋』地鎮祭

 

杜スタッフ、ゆかさんです^_^

お待たせしました!シムラ新プロジェクト日記更新です!

 

 

____________________________________

いよいよ!ここまでやってきました、『シムラ新プロジェクト』

 

2017年1月より動き始めたこのプロジェクト

 

プロジェクトメンバーで長野に出向き、いくつもの古民家を見て回り

長野の鬼無里にある古民家を健康工房シムラの新社屋として移築することを決めました。

 

そこからは、スタッフ一丸となってプロジェクトの概要や移築する古民家の設計を決めたり

古民家を移築するための準備や手配を進めてまいりました。

 

そして本日、2017年7月10日

健幸工房シムラの一大プロジェクト

古民家移築計画は無事に地鎮祭を迎えることができました。

店長の背中

【新社屋の土地を熱い思いで見守る店長の背中】

 

 

今朝から日差しはとても強く、シムラ新社屋の地鎮祭を祝うかのように太陽は燦々と輝いていました。

そして

シムラスタッフ総出でシムラ法被を身にまとい参加した地鎮祭は厳かにはじまりました。

 

地鎮祭開始

【厳かに地鎮祭がはじまりました】

 

 

棟梁による切麻散米

【神主様と棟梁による清祓い(きよはらい)】

四方祓い、切麻散米(きりぬささんまい)とも言います。
四隅と中央に切麻(麻または紙を細かく切って米とまぜ、祓い清めるために神前にまき散らすもの)をまき土地を清めます。

 

 

 

鍬入れの儀

【社長による鍬入れの儀】

 

鍬入れの儀

【設計士白岩さんの鍬入れの儀】

鍬入れの儀

【棟梁田山部長の鍬入れの儀】

「えい!えい!えい!」という威勢の良い声をかけながら鍬を入れます。

鍬入れといっているのは通称のようなもので、本来儀式としては「穿初(うがちぞめ)、刈初(かりぞめ)」と呼ばれています。
施工主が行います。今回の地鎮祭では社長、古民家の設計を担当する白岩さん、田山部長(棟梁)が行いました。




玉串奉納  玉串奉奠  玉串奉奠  玉串奉奠  玉串奉納  玉串奉奠 暑いまなざし

【玉串奉奠】

参加したシムラスタッフ全員による玉串奉奠。全員神妙な面持ちです。

 

 

 

社長あいさつ

【社長あいさつ】

地鎮祭滞りなく終了し、社長よりシムラスタッフへのあいさつ

社長のこの笑顔が、健幸工房シムラ新社屋・古民家プロジェクトの成功を導いてくれるのです。

 

 

最後に、参加者全員で記念撮影

7月の青空の下、スタッフ一同笑顔です!

記念撮影

  【スタッフ全員での記念撮影】

 

 

健幸工房シムラの新社屋では古民家を再生した社屋1階にてカフェをOPENする予定です。

シェフも決まり、シェフのOPENまでの軌跡も、随時更新してまいります。

また、このプロジェクトの概要や進捗なども、少しずつお知らせしていければと思います。

 

地鎮祭が無事に終わり、次は8月27日(日曜日)に開催される上棟祭!

 

上棟祭では餅撒きのほかに、ライブや古民家カフェのシェフによるふるまい、

風鈴ワークショップなど、皆様に夏の思い出に楽しんでいただけるような

イベント盛りだくさんです!ぜひ、遊びにきてくださいね。

古民家上棟

【日時】 2017年8月27日(日) 13:00~18:00

【場所】 青梅市新町5-4-3  

*駐車場・悪天候時のご案内は、HPにてお知らせいたします。

 

 

本日のカメラマン、accoとYUKAもパチリ!してもらいました★

accoとYUKA

『シムラ新プロジェクト』始動!日記-Vol.2- やっぱり、『無垢の木』なんです。

『シムラ新プロジェクト』始動!日記-Vol.2-やっぱり、『無垢の木』なんです。

杜スタッフ、ゆかさんです^_^

お待たせしました!シムラ新プロジェクト日記更新です!

 

今度は、前回とはまた別の場所へ向かったプロジェクトチームの面々

さて、ここは・・・どこだろう?

____________________________________

2017/5/22 火曜日

初夏の日差しがまぶしい5月の後半

私たちは相模原にあるBC工房さんにあるものを求めてやってまいりました。

ここもやっぱり自然がたくさん!

お花

びっくりするくらい、宝の山!あれもこれも気になる!と、メンバー全員マイワールドで気になるものを物色します。社長と白岩設計士が打ち合わせテーブルに座っても、杜のキャッツアイ3人は無言で物色を続ける・・・まとまりのない面々ですが、頭のことは新プロジェクトのイメージを作り上げるのに必死です。

 

ミーティング中

数々の提案を受けながら、真剣に打ち合わせをする社長と白岩設計士。この時は結構煮詰まって、全員がそれぞれの意見をぶつけ合うシーンも。プロジェクト成功のため!みんな意見を惜しみなく出し切ります。そして何が一番ベストなのかを吟味しながらストーリーを作り上げていきます。

この日、プロジェクトの中心である、『あるエリア』に関して大きく動きがありました。

BC工房の竹村さんの助言を受け、「なるほど!」そう言う手もあったか!と、煮詰まった思いが一歩前に進んだ瞬間。全員顔が輝きます。

 

鼻が伸びるやつ

ホッと一息。みんなで「鼻が伸びるやつ(命名社長)」と記念撮影!

 

さて、お次はもう一つある工房へ移動します。

そこでは、新プロジェクトの窓口になる場所のメインとなる、ものを見つけました。やっぱり無垢の木は最高です。

 

あるもの

いい顔してます!

 

あるもの2

ここから、社長のドリームが暴走します。杜のキャッツアイの制止もツッコミももう聞こえません。

俺の・・・「あれ」

BC工房のオマタさんに苦笑いされながら「それは、そうとう面倒くさい」と言われながらも、もう止まりません。杜のキャッツアイはもう、止められない・・・とあきらめました。白岩設計士は無言で社長と一緒にワクワク顔。おぬし・・・楽しんでるな・・・

 

社長・BC工房オマタさん・白岩設計士

【社長とBC工房オマタさんと白岩設計士】*社長曰くTOKIOの山口くん

BC工房のオマタさん、無理言ってすいません。でも、こうなったからには。。。よろしくお願いします!

 

ランチタイムもミーティングタイム

BC工房を後にして、おひるごはん。お昼を待っている間もやっぱりミーティングです。

「さっきのアレは、こうやってさ・・・」

「でも、このほうがよくないですかね・・・」

「おなかすいたなぁ・・・」

 

最後はここ!

そして最後は八王子にある某所

ここは、かなり参考になりました。この場所はシークレットです!ごめんなさい!

 

どっぷりプロジェクトのミーティングをしながら、イメージをふくらました一日でした。

 

YUKAとacco

最後は取材で全く写ってないYUKAとaccoのスマイルで★

 

まだまだ日記でお届けしたいこと!たくさんあるので、近々お知らせいたします。

お楽しみに!

 

 

 

 

『シムラ新プロジェクト』始動!日記-Vol.1-

 

シムラ新プロジェクト写真①

 

『シムラ新プロジェクト』始動!日記

おはようございます!杜スタッフ、ゆかさんです^_^

シムラでは、2017年1月からあるプロジェクトが動き始めました

我らがシムラ社長が数年温めていた夢を叶えるべく動き始めた、そのプロジェクトとは!?

これからこのプロジェクトの秘密と進捗をこの場で皆様にお知らせしていこうと思います

ワクワクドキドキ、そしてホッコリの詰まった『シムラ新プロジェクト』

私たちシムラスタッフもワクワクドキドキ💓
そして、皆様にもワクワクドキドキしていただきながら、新プロジェクトまでの軌跡をお楽しみいただけたらと思います(`_´)ゞ

____________________________________

2017/5/11 木曜日

はじまりは2017年1月5日のシムラ新年会でした
毎年恒例の御嶽山での新年会

この場でシムラ社長より今年はこの新プロジェクトがいよいよ動き出す!という発表がありました

年明けから私たちシムラスタッフのワクワクは止まりません

2月。深い雪の中、視察に入りまずは大きな決断を一つ
そこからは、ありとあらゆる事を考えて決めて行くためのミーティングを何度も何度も重ねていき、『シムラのやりたいこと』が徐々に形になっていきました

そして5月11日木曜日 私たちは再びこの地へやってきました
もちろん、ここまでの間に何度もシムラ社長や他のスタッフはこの地に足を運んでありとあらゆる、『新プロジェクトへの準備』を進めていたのですが…

2月に雪深く寒かったこの場所は、3ヶ月の間に新緑の季節を迎えていました

深い緑の山々とどこまでも高い青空
日本タンポポが咲いている長閑な自然
スタッフ一同思わずしゃがみこんで草花を手にし笑顔が溢れます

1日かけて、この場所近辺の情報を集め、地元の方達とお話をし、新プロジェクト成功のためのキーワードを沢山集めて青梅へと帰りました

お昼ご飯はフルーティな味付けのジンギスカン
お土産は地元で採れたリンゴを使ったリンゴジュース
名物のおやきは忘れずに!

この日の視察により、また一つ大きく前進したシムラ新プロジェクト

これからも、ワクワクとドキドキをお届けしてまいります