シムラについて

スタッフブログ

設計者のつぶやき

家づくりカフェ31 ~設計~

こんにちは!設計士の白岩です。

 

先日、建築学科の学生さん達の前でお話しする機会がありました。

 

テーマは「住宅の設計」

 

つまらないノウハウを話すつもりはないので、この話題になると必ず思い浮かべるのが、故・吉村順三先生の言葉。

 

—————————————————————————————————————–

 

「建築家として、もっともうれしいときは、建築ができ、そこへ人が入って、そこでいい生活がおこなわれているのを見ることである。
日暮れどき、一軒の家の前を通ったとき、家の中に明るい灯がついて、一家の楽しそうな生活が感じられるとしたら、それが建築家にとっては、もっともうれしいときなのではあるまいか。
家をつくることによって、そこに新しい人生、新しい充実した生活がいとなまれるということ、商店ならば新しい繁栄が期待される、そういったものを、建築の上に芸術的に反映させるのが、私は設計の仕事だと思う。
つまり計算では出てこないような人間の生活とか、そこに住む人の心理というものを、寸法によってあらわすのが、設計というものであって、設計が、単なる製図ではないというのは、このことである」

 

—————————————————————————————————————-

 

住宅は、建築の中で唯一、住む人個人が主役になれる場だと思います。

 

それ以外の建築はどうしても、個より公共の利益を優先しなければならない。
しかし、個人の住宅だけは、人間一人一人の尊厳のようなものが守られる建築だと思います。

 

ゆえに私は、個人住宅の設計が最も好きです。

 

一軒一軒の家が集まると街になり、風景になりますから、もちろん全体の調和も考えなければなりません。

 

しかしそれは、「その場所に住む」と言う事を丁寧に考えさえすれば勝手に調和されます。
そこに住むのが誰であろうと、ここは日本であり、その場所性は変わりませんから。
もし、調和を乱す住宅があるとすればそれは、設計が間違えているか、売り方が間違えているか。という事なのだと思います。

 

その場所で、そこに適した素材で、住む人の尊厳が守られる家。

 

吉村先生は、設計という言葉だけでなく、「デザイン」「芸術」という言葉もたくさん残しています。

 

私は、個々の設計や法規制だけでなく、調和や社会、風景、文化、暮らし、そして、感情。

 

それらを含めたトータルデザイン。

なぜ、建築が総合芸術と言われるのか。

 

それが、吉村先生の仰る「設計」なのだと思います。

 

今、その「設計」が出来ている人が世の中に何人いるか。

 

それを売っている住宅会社が果たして何社あるか。

 

そんな自分はどの位置にいれているのか。。

 

学生に話しながら、己を省みていました。

 

広く世の中全体を見ながら。
深く己の内面を感じながら。
精進してまいります。

 

それにしても、目指しがいのある職能ですね。
あと100年はかかりそう。。笑

 

yjimage

写真は、このテーマの時にいつも私が見せる写真。
スカイハウス/菊竹清訓  1958年
私が建築家を志すキッカケとなった住宅です。

 

住宅も、そこでの皆さんの暮らしも、そこで育つ子供たちの未来も、可能性にあふれています。

ぜひ、家への夢と未来への希望を描ける、そんな住宅を手に入れて下さいね。

家づくりカフェ26 ~メリットとデメリット~

 

こんにちは!設計士の白岩です。

 

表裏一体という言葉がありますが、私たちは自分に都合の良い部分は良く見えて、都合の悪い部分には目が曇りがちですよね。。

 

どんな事においても、メリットとデメリットは表裏一体のものだと思います。

 

もちろん、家にとっても。

 

良い窓を造りたければ、良い壁を造れ」

 

「良いリビングを造りたければ良い収納を造れ」

 

諸先生方に、耳にタコができるどころか夢に出るほど言われて来た言葉です。苦笑

 

どのメリットを手に入れるかという事は、どのデメリットを受け入れるかという事と同義ではないでしょうか。

 

デメリットがマイナスにしか見えなければ、どんなにがんばってもゼロにしかならない。

 

しかし、デメリットの向こうにあるメリットを見る事ができれば、その瞬間にマイナスはプラスに変わると思います。

 

いえ、変わります。

 

私はそれを建築と空間で証明できます。ぜひ、皆さんの「目」で見極めて下さい。

 

言ったからには、デメリットをメリットに変えた事例、たくさんお見せしますので。笑

 

 

~6月の家づくりカフェ 予約受付中~

 

6/24(土) 14:00~

042-533-6917

school@sumitai-ie.jp

 

家づくりカフェ06

家づくりカフェ25 ~家は3度建ててみないと分からない?~

こんにちは!白岩です。

 
最近は、真夏並みの気温になったり、雨だと途端に平年通りに戻ったり、朝晩は寒いくらいだったり。。。

 
10℃以上の差があるとさすがに疲れますね。。

 
この時期、ちょっと羽織れるカーディガンはとても重宝しますよね。

 
毎年この季節になると、家もカーディガンのような使い勝手の良さにできたら良いなぁなんて事を考えながら設計しています。

 

 

 

家は3度建ててみないと分からない?

 

なんて聞きますが、そういう人はきっと10回建ててもわかりません。笑

 

家族構成は変わります。

 

ライフスタイルも変わります。

 

趣味嗜好も変わります。

 

そして、誰でも必ず歳を取ります。

 

 

まだ30代なのに、老後の事を考えた家なんて建てたら、これからの3~40年が寂しすぎるし、

逆に歳を重ねるたびに住みづらくなる家からは明るい未来は感じられません。

 

 

住む人も、住み方も必ず変わります。

 

ならば、家も変わらねばなりません。

 

変わって行けば良いと思うのです。

 

 

そしてそんな家が、ずっと昔から住み継がれてきた本来の家の姿であり、文化とともに受け継がれてきた家の本来の在り方です。

 

柔軟に、住む人と共に変わり、成長していく家を望んで下さいね。

 

家づくりカフェ23 ~Oさん家族と愛犬のあいだ~

 

こんにちは!設計士の白岩です。

 

 

今週末 5/20(土)-21(日)に、
カッココチイイ家 の完成見学会があります!!

 

5月20sat21sun〜自然素材の家〜初夏の完成見学会!

 

 

日頃、設計という仕事をしていると、建築の設計って、何かと何かのあいだをデザインすることだと感じます。この「あいだ」ってのが空間ってやつなのかも知れません。

 

美術館なら人と美術品のあいだ。
コミュニティセンターなら人と街のあいだ。

 

そして家なら、住む人と暮らしの要素のあいだ。

 

このお宅は、家族のような愛犬とOさん夫婦とのあいだをデザインしています。

 

例えば分かりやすいのが土間。

 

初めて見る人はきっと誰もがその大きさに驚くはず。
大きさと言うか、割り合いですかね。
なにしろリビングが、床より土間の部分の方が多いですから。笑

 

そして細かい所で言えば、通常とは逆に付けられた鍵。どこの事かは、ぜひ探してみて下さい。笑

 

さて、ここまでは、暮らし(ソフト)の話。
家そのもの(ハード)の専門的な話しもちゃんとしないと怒られますね。笑

 

ハード面で言えばこの家は、「住む人と建てる場所のあいだ」を設計しています。

 

住む人の快適性や心地よさを造りだすこの場所に吹く風の流れや陽の当たり具合い、気温や湿度。。。
断熱性能とか耐震性能とかが叫ばれて久しいですが、あれは、現代日本の家の大半を占めてしまった「早い!安い!美味い?」の、粗悪な工場生産型住宅に対する、遅すぎる規制なんです。

 

なので、元々そんな家づくりをしていない我々専門家にしてみれば、何を今さらって話しなんです。笑
その場所の状況に素直に、日本という気候の原理原則に素直に、そして、人の感性や感覚に素直に、空間を具現化すれば、必然的に快適な家はつくれるのです。

 

結果、この家もいつも通りに造ったら現代日本の最高ランクの性能になりました。でも、そんなものはたかだかここ数年のあいだに人が後付けしたもの。
政治家のように(笑)簡単に基準が変わってしまう頼りない指標なので、あくまで性能を「確認」する一つの目安と考えるべきかなと思います。
もしかしたら、10年後には今の理論が、やっぱり間違ってましたー。なんて事になるかも知れません。本当に。
なにしろ、今では毒の塊みたいな扱いを受けているアスベストだって、世に出た当時は夢の素材だともてはやされてたんですから。。

 

なにはともあれ、大事なのは自分たちがどう感じるかということなんです。

 

家に住むのは人。家は人のための建築。

 

ならば、その家の快適性や性能を最後に決めるのは人です。人の五感です。ただ数値で測るだけの機械ではない。

 

ぜひ、見て、触って、感じて、ざっくばらんな感想を言ってみて下さい。
何かで見た事、どこかで聞いた事に流されず、自分の好きな所、嫌いな所を素直に考えてみて下さい。

みんながみんな、同じものを良いと感じるわけがないんです。

そして、わたしたちがお手伝いしそれを具現化できたその先に、皆さんそれぞれの家があるんだと思います^_^

 

家づくりカフェ22 ~女子力高めの家~

こんにちは!

イクメン設計士目指して修行中の白岩です。

 

というわけで(雑ですが、、、)

今日は、女子力高めの家をご紹介したいと思います。

 

女子力が高い=家事・育児しやすい家=暮らしやすい家

という事です。

 

 

 

ではご紹介していきましょう。

 

 

【ぐるぐる回れる家事ラク動線】

玄関→キッチン→パントリー→ダイニング→玄関

短縮炊事動線を狙った間取り。

写真の扉は右にも左にも動きます。

扉が1枚に見えますが、同じ大きさの扉が2枚重なっていて、もちろん閉め切る事もできます。

ぐるぐる回れる家事ラク動線

 

 

 

【1直線で済む洗濯ラク動線】

こちらは、洗濯動線の短縮を狙った間取り。

脱いで、洗って、干して、しまって。を1ヶ所にまとめた、

洗面&脱衣&洗濯&物干し&クローゼット 全部のせ!の部屋。

 

脱いで洗って干してしまって動線

 

 

 

【泥だらけでもいいじゃん土間】

こちらは育児ラク間取り。

遊び盛りの子どもに汚れて帰ってくるな!なんて無理だし、逆に教育に良くないですよね。

であれば、汚れて帰って来たって良い家ならいーんです。

さらに、玄関土間の横がすぐお風呂!って間取りも実際にありました。笑

泥だらけでもいいじゃん土間

 

 

 

【デットスペースはゼロに!収納ターミナル】

収納って奥行がありすぎると不便ですよね。手は届きにくいし、手前に置いちゃったら奥の物は完全に忘れ去られるし。。

ならば!こっちからとあっちからとさらに向こうからも使えるようにすればいーんです。

収納ターミナル3

こっちからはリビング収納

 

 

収納ターミナル1

あっちからは洗面横収納

 

 

収納ターミナル2

向こうからはトイレ収納

 

 

 

【小上がりベビーコーナーにカフェ風キッチン】

女子力高いカフェ風対面キッチンと、その視線の先にはゴロゴロ遊べるタタミキッズコーナー。

ばっちり監視しながら自分好みのキッチンで料理が出来ます。笑

家事×育児の間取り。

小上がりベビーコーナー

カフェ風キッチン

 

 

 

【家だってオシャレがいいじゃん】

カッコかわいい外観

カッコかわいい外観

 

 

お店みたいなキッチン

お店みたいなキッチン

 

 

おしゃれ一面収納

ショールームみたいな収納

 

 

インダストリアルデザイン

インテリア雑誌に載ってそうなインダストリアルデザイン洗面所

 

 

階段下も有効活用

日曜日のリフォーム番組で見た事あるような、階段下活用デザイン

 

 

北欧デザインとジャパンスタイルの良いとこ取り

北欧デザインとジャパンスタイルの良いとこ取り内装

 

 

 

 

【そして何より、家はとにかく愉しく!!]

自由なアイデアと工夫で自分達らしく!住みやすく!!遊育の家。

とおりぬけフープー

2f_04

1f_04

 

 

家は間違いなく子供の成長に大きな影響を及ぼします。

 

そりゃあそうです。

だって、家は人生で一番長い時間を過ごす環境なんですもん。

 

優先順位はかなり高くしなきゃなりません。

 

直接、体に作用する「食」の次くらいに大事だと考えて日々家づくりをしています。

 

公園よりも学校よりも、まず「家」で、感性を育んで欲しい。

 

生きるチカラ、考えるチカラ、を毎日の生活の中で自然に身に付けて欲しい。

 

「家育の家」が私たちの合い言葉です☆

新しい住まいの完成!

 

今日はまた一つ新しいお家の引渡し式がありました。
打ち合わせで初めてお会いした時はまだ上のお姉ちゃんが赤ちゃんで。
それが今は弟くんが増え、すっかりお姉ちゃんでした☆
土地探しから設計打合せ、そして工事。。家づくりにかける月日の長さを感じる瞬間です。

 

 

でもやっぱり、一生住む家だから。
子供たちに継いで行って欲しい家だから。
じっくり時間をかけて丁寧に。

 

 

そしてそれと同じだけ、関わる人の願いや想いが蓄積していくものだといつも感じながら家づくりをしています。

 

なんて思い出にひたっていたら、お客さんから逆プレゼントが!!
限定品の日本酒とともに添えられていたのは、便箋4枚にも及ぶお手紙。。

 

 

勝手にお手紙の中の一文を拝借します。笑
「建売のお家は、出来上がっている家に自分たちの生活を合わせていくものに対し、注文のお家は自分たちの生活に合わせて家を造り上げていくのだなと思いました。そういったところも、注文(住宅)にして良かったなと思います」

 

Nさ~ん!!この週末はボク、この日本酒飲みながら泣いちゃいそうです~。。笑

 

IMG_4152

家づくりカフェ21 ~家の材料~

 

こんにちは!白岩です。

 

春野菜が美味しい季節になってきましたね。天ぷらとかもう最高☆

 

私は鎌倉が好きで良く行くので鎌倉野菜が楽しみの一つです。

 

という事で、今回のテーマは「素材」 家を構成する「材料」についてです。

 

家を構成する材料には様々な物があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

 

「全ての物には必ずメリットとデメリットがある」

 

 

まずこの事がとっても重要です。

 

そして、見方や価値観によってどのメリットを選び、どのデメリットを受け入れるか。人それぞれで選択が変わってきます。

 

そして私たちは、数ある材料の中から総合的に見て「現在の時点でベスト、そしてあなたにとってベスト」だと思う材料をオススメしています。

 

ここでやっかいなのは、オススメの材料は会社によって変わるという事です。

 

その会社が「何を提供したいか」によってオススメする材料が変わるのですが、

気を付けないといけないのが「提供したい物=良いと思う物」とは限らないという事です。

 

家を少しでも安くたくさん売りたいと思う会社は単純に安い物をオススメしますし、家を早く造ってたくさん売りたいと思う会社は早く作れる材料をオススメします。

 

 

複数の会社に回ってみた経験がある方は分かると思いますが、会社によってオススメする材料が違うのはそのためです。

建築には正解が無いがゆえに、それぞれの都合や思惑でオススメしたい物が変わるのです。

 

もちろん、全ての会社が会社の都合だけでオススメする材料を決めているわけではありせん。例えば、弊社シムラであれば、「自然素材の健康材料」が大きな選択基準の一つになっています。

 

最初にお伝えした通り、材料は野菜と同じような物ですから、素材で味(性能や内容)が決まります。

 

材料の果たすべき最低限の役割は、「そこに住む人の健康と快適性です」なので、「素材としての素性と材料としての能力」を満たせない物はどんなに安くても私たちはオススメしません。

 

「安かろう悪かろう」な家であればその辺にたくさん売っていますので、そもそも注文住宅でお金と時間をかけて造る意味がないと考えるからです。

 

しかし、皆さんが数ある材料(選択肢)の良し悪しを全て見極めるのは不可能に近いと思います。

そんな時は私たちに何でも聞いて下さい。

 

例えば私が、医者が処方した薬の良し悪しや成分の違いがちんぷんかんぷんのように、専門職の専門知識はその道の専門家でないと到底分かりません。

 

それでも現代はインターネットで相当調べられるようになりましたが、今度は情報がありすぎて、どの情報が正解か分からなくなったり、その部分だけで検索した結果「良い物」だと思っても、トータルで見た場合のアンバランスな副作用やその隣にある物への悪影響までは検索しきれません。

 

分かりやすい例が「断熱材」です。
高断熱が当たり前の現代において、数々の高性能な材料が選択肢としてありますが、当然ながらメーカーが明記しているのは「その物の性能のみ」ですよね。
「材料」としてはたとえ世界最高レベルの断熱材だとしても、隙間が1センチもできてしまえば「家の断熱性能」としてはほとんどゼロになってしまったり、隣りに接する材料によっては腐ってしまったりするわけです。

 

家は部分の集合で成り立っていると同時に、全体のバランスで成立しているんです。

 

私は、家や建築物は人間の身体ほど複雑ではないですがそれに似ていると考えてまして、例えばこの断熱材の話も、歯並びが悪いと肩が凝るだとか、内臓が悪いと足の裏が痛いとかという事と一緒だと考えています。

 

長くなるので今日ここでは詳しく書きませんが、さらに言えば、人間でいう「心」の面に該当するものが建築にもあります。心身の「身」が建物を実際に構成する「材料」や「構造」であるとしたら、「心」は「デザイン」や「居心地」がそれにあたります。

それが無くても「物としての家」としては成立しますが、別にそこに住む理由はない。別にそこでなくても良い。つまり、せっかく大金かけて造る意味がない。みたいな事ですね。

 

話を戻して、、、

 

断熱材一つ取ってもここでは書ききれないほどの選択肢と、それと同じ数だけメリットとデメリットがあり、選ぶ物によって屋根や壁や床などその他の部分にも関わってきます。

 

もし詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら、毎月1回開催しています無料セミナー「家づくりカフェ」で何でもお答えします。

 

私が国土交通省や日本建築学会、建築家協会などの各公的機関や、実際の仕事を通して学んできた事、見てきた事、起こった事、など確かな情報のみお伝えできますし、おそらく国内に存在するほとんど全ての材料についてメリット・デメリットをお答えできると思いますので(^_^)

 

 

ご予約はこちらまで↓
健康工房シムラ 

 042-533-6917
 school@sumitai-ie.jp

 

家づくりカフェ 今後の日程

4/21(木) 10:30~12:00 @モデルハウス杜
5/26(金) 10:30~12:00 @モデルハウス杜

 

 

最後にもう一度。

材料をはじめ構造もコストも間取りもデザインも、家づくりの際の全ての選択肢に共通して言える事は、

 

「全ての選択肢には例外なくメリットと共にデメリットも必ず存在する」

 

という事です。

 

メリットしか無い材料なんて存在しません。そんな物があればみんなそれを使います。なので、オススメする材料のメリットしか言わない会社。これしか無いというような言い方をする人。は信用できないので、まず最初に選択肢から外した方が良いというのが、私からのまず基本となるアドバイスです(^_^)v

 

では今日はこの辺で。

 

家づくりカフェ 番外編 ~6年目の3.11~

こんにちは!白岩です。

 

今日は3月11日。

 

東日本大震災から丸6年が経ちました。

 

01

出典:岩手放送「大津波の記録」

 

 

映画かと思った、あの時見た映像。

 

あの時の衝撃は今でも忘れられません。

 

自分たちが日々造っていた建築の無力さを思い知らされたあの日。

 

それからしばらくは設計もデザインも手に付きませんでした。

 

建築家を目指すのを辞めようとすら思ったあの時。

 

私を再び建築の世界に引き戻してくれたのは、その時に担当していた保育園の計画でした。

 

6903f_u_clr_L 6917f_u_clr_L

北海道 東神楽町 東聖花の森保育園

 

 

前回の家づくりカフェで、建築が与えられる希望の力についてお話ししましたが、私自身、子どもたちの未来を創る建築空間に希望を与えられたんです。

 

フェイスブックをやり始めたのもこの時です。

 

電話やメールが全然つながらなかったあの時、フェイズブックが最も有効な通信手段と聞いて登録し、それから地元(福島)の友達たちとも連絡が取れ、日本中、世界中から色んな情報を得る事ができるようになりました。

 

 

文章を書き始めたのもこの時です。

 

直接会って話す事で伝えられる熱量には及びませんが、一生かけても伝えきれないほどの人々に一瞬で伝えられる言葉の力と言葉の責任。

 

その文章の力で、仕事の幅も、人との出会いも、活動の可能性も、はるかに広がりました。

 

 

色んな意味で私のターニングポイントとなったあの出来事。

6年経った今やっと、目をそむけずに感謝できるようになりました。

 

 

そう言えば、弊社自慢の地域コミュニティ型モデルハウス「杜」のコンセプトや空間も、実は震災がきっかけで生み出せたデザインなんです。

50_1

2f_04

 

遊具のような家。

地域と繋がり街の未来に貢献する家。

そして、子どもの未来を育む家。

 

なんか、子どもの事を考えた建築に助けられてばかりです。笑

 

これからも「子ども=未来」と捉え、未来に向かう建築空間をデザインしていこうと改めて思った、2017年3月11日でした。

 

 

 

家づくりカフェ20 空間のチカラ3~希望~

 

こんにちは!白岩です。

 

空間のチカラというテーマでの3部作。

 

ラストは「希望」です。

 

今までの2つは、「付加価値」と「課題解決力」設計士や空間デザイナーとしての技や力量に関わる部分でしたが、最後の一つは根本的な素質の部分。「感性」に関わってくる部分です。

 

——————————————————————————————————-

 

第二次世界大戦で焼け野原になった日本。

 

今の恵まれた時代からは想像もつかない、生きるだけで精一杯だった時代。

 

私の父たちはそんな時代に生まれました。

 

そしてそんな時代に建ち、人々に未来への希望を与え続けた建築物があります。

私の最も尊敬する建築。

 

東京タワー です。

 

151127sengos

出典「シリーズ戦後70年/建設通信新聞」

 

「昭和33年(1958年)に完成した東京タワー、そしてその6年後1964年に開催された東京オリンピックは、戦後の焼け野原から立ち上がってきた日本人をさらに奮い立たせた、日本の復興と先進国への高度成長時代の象徴で、日本中の人々に当時の辛い状況を乗り切る勇気と、未来への希望を見せてくれた」

と言います。

 

恵まれた時代に生まれた私には、当時の人々の気持ちには、想像ですら及びませんが、「明日への希望」みたいなものが無いと、今日を生きることすら苦しい状況だったのだと思います。

 

人に生きる力を与えた建築である東京タワー。

そんな建築、もうこの先には現れないのではないかと思うほどです。

ただ、未来への希望という事であれば、今の時代も建築や空間にできる事は多くあると思います。

 

それは個人の家でも一緒です。

自分はもちろん、家族や子供たちの未来が思い描けないような家を造る理由は無いと思います。

そういう根本的な「家の意味」に比べたら、その他の色んな数値だとか設備だとかなんてどうでもよくなってくるほどに。

 

————————————————————————————————

 

高度成長期を終え新しい時代に入り、次なる過渡期の日本。

そして、3年後の2020年に再び巡ってくる東京オリンピック。

今この時代に生きる建築家である私たちに何ができるのか試されている気もします。

 

86d13c5c2ef022ad83390a81891eaa72

1964年の東京オリンピックの目玉「代々木第一体育館」

e00101_ph04

2020年の東京オリンピックの中心「新国立競技場」

 

 

 

戦後72年目。

 

ものすごいスピードで立て直してくださった日本の先輩たちの想いと願い、自分たちと子供や孫たちの未来への希望と願い。

 

バトンをどう受け継ぎ、次の時代へどう託すか。

 

やはり行きつくのは温故知新。「伝統と革新」です。

 

それが家でも、お店でもやはり同じです。

 

自分に誇れ、子や孫の未来を創る我が家。

 

街に誇れ、商売繁盛につながるお店。

 

世界に誇れ、日本の未来を描く建築空間。

 

そんな建築・空間をお届けしていきます。

 

 

shop-onkochishin-1

温故知新のインテリアショップ。その名も「温故知新」

 

127346411710416208896

福岡県有形文化財 旧戸島家住宅

 

家づくりカフェ19 ~空間のチカラ2~

こんにちは!白岩です。

 

今日は「空間のチカラ2」という事で前回に続き、ワクワクできるような空間をご紹介します。

 

前回は空間のチカラを空間の付加価値と捉えてご紹介しました。

 

今日はもう一つの空間のチカラ。

 

空間による”課題解決力”について、いくつかの事例を交えながらお伝えしたいと思います。

 

 

①マンションへ新たな商品価値を

m-kawagoegaikan

このマンションはミュージションと呼ばれる、今やあちこちに建っている楽器OKのマンションシリーズです。

私も何棟かお手伝いさせて頂きました。

その内の一つに、都内の線路沿いで騒音がひっきりなしにすさまじく、借り手が全くいない廃業寸前のマンションがありました。

皆、どうやって騒音を軽減するか考えますよね。

皆当たり前に騒音を「否定」してしまうんです。これだとまず成功には辿りつかないですね。多分、何事も。

でも視点を少し変えて、騒音を「肯定」してみたら答えが見えたんです。

騒音を逆手に取って、演奏OK!楽器OK!の音楽家のためのマンションにしました。

すると、家賃は周辺相場の1.3~1.5倍にもかかわらず、今でも空き待ちの絶えないマンションとなりました。

 

 

②1本の桜の木からはじまった家づくり

DSCF3741 DSCF0120

この家は、敷地の隣が東京都の管理する緑道で、1本の桜の木が植えられていました。

建て主さんと敷地を見に行って、その場で僕が桜が目の前になるようなリビングの大開口窓をスケッチして提案し、その場ですぐ不動産屋さんに電話してここに決まりました。笑

敷地としては、旗竿敷地と呼ばれる奥が袋小路になっている扱いづらい敷地で、手前の整形の敷地よりも2百万円くらいも安かったんです。どう考えてもこっちの敷地の方が環境が良いのに。

机上で決まった金額はあてにならないなと思いましたね。建て主さんとは、しめしめって笑い合いましたが。笑

ほんとにリビングとキッチンからのこの窓の風景以外何も決まってないのにはじまった家づくりです。

チラシの裏に1分で描いたスケッチ1枚で設計依頼してもらえるなんて、僕もついに巨匠の仲間入りか!なんて思ったら、そんなミラクルはこれっきりですね。笑

 

 

③洞窟カフェ

11753-1

blog_import_5134896370a87

640x640_rect_52257629

これは私ではなく、私の師による設計の喫茶店です。

吉祥寺サンロードにある、

「くぐつ草」

http://www.kugutsusou.info/

数々のメディアで紹介されている有名店です。

 

雰囲気のあるアプローチを地下に下りて行き、扉を開けるとそこには、、、

まるでジブリの世界のような、素敵な空間があります。

モルタルを塗った天井と壁を、固まる前に皆で徹夜でトンカチで叩いて自然界の洞窟のような空間を造ったと思い出話を聞いたことがあります。

建て主さん、設計者、施工者、関係者、みんなで共同作業して造り上げたこの空間は35年経った今でも行列の絶えないお店であり続けています。

それは空間のチカラです。

それと、やっぱり味も最高でして、ここのコーヒーとカレーは絶品です!ぜひ一度ご賞味下さい☆

 

では、今日はこの辺で。