シムラについて

スタッフブログ

おすすめ物件情報や日々の出来事などお伝えします。

出張版☆家づくり図書館 ~その場所に住むということ。とかいなかの家~

こんにちは!空間クリエイターの白岩です。

 

私たちが普段家の設計をはじめる時、依頼主が誰だろうと予算がいくらだろうと要望が何だろうと、毎回同じように必ず行う事があります。

 

それは、「敷地を調査し、周辺環境を読み解く」という事です。

 

なぜかと言いますと、どんな人にも平等に、かつ最も重要な条件として関わってくる要素だからです。

 

ライフスタイルは変えられます。家族構成も自分の年齢も必ず変わります。

 

社会も価値観も好みも流行りも持ち物も変わります。

 

家を考える上での「内的条件」は、変わるし変えられますが、その場所の気候や風土、周辺環境、その場所の歴史、土地の記憶という「外的条件」は変えられません。

 

そのため、家だろうと美術館だろうと、建築はまず「外から」考えていく事になります。

 

まずは、ここは日本であるという事

 

世界的に見ると温帯に位置し、南北に長く、周囲を海で囲まれた日本の気候は、寒暖の差があり比較的高温です。
そして「湿度が高い」という最大の特徴があります。

そのため、日本の建築文化は、寺社仏閣に代表される日本の木造建築は、「湿気とどう向き合うか」という歴史でした。

 

湿気を読み解いていくと、自然と日本の気候風土や文化に合うカタチが導き出されます。

 

そしてさらに、ここは東京都青梅市。

 

青梅、羽村、あきる野といった、ここ西多摩地区は、電車で約1時間ほどで新宿、3~40分ほどで奥多摩と、都心へも別荘地へもアクセスがしやすい恵まれた環境にあります。

 

都会と田舎のあいだ。

 

あるいは、日常と非日常のあいだ。

 

住宅の分類で言えば、住宅と別荘のあいだ。というカタチが、この場所を読み解いた空間ということになると思います。

 

都会であり田舎でもある。

「とかいなか」の家。と私は呼んでいます。

 

そんな、とかいなかの家が完成しました。

http://sumitai-ie.jp/2016/05/7113/

 

DSC_5426s

 

「U様邸」

景色を切り取るような深い軒の縁側。

設計は、シムラ設計チームの紅一点 伊藤です。

結構黒いです(笑)

外壁も、縁側のデッキも軒裏も柱も。

でもこの景色を見て、なぜ伊藤が黒にこだわったのかすぐに分かりました。

伊藤はこの1シーンをつくりたかったのだと思います☆☆☆

 

他にも事例を少し。

 

 

o0800045013564991930

「シムラ モデルハウス 紡木2」

ウッドデッキと縁側をミックスさせた、O・MO・TE・NA・SHI の ENGAWA

夏の強い日差しを遮り、冬の柔らかい陽を呼び込む、深い軒

耐震性と開放性、を両立させたメリハリのある窓配置

まさに日本の家です。

 

 

 

 

outdoor_02

 

「シムラ 小作駅前モデルハウス/カフェ 杜」

木の家づくりから木の暮らしづくりへ をテーマに、くらしのたのしみ を具現化させた家です。

木を愉しむ、暮らしを愉しむ、とかいなかを愉しむ、そんな仕掛けが満載です☆

 

1f_04

 

1f_02

 

ぜひ、シムラの創り出す とかいなかの家 を五感で感じ、愉しんで下さい☆

 

引渡しセレモニーを執り行いました

こんにちは、GW中はお天気も良かったですね!

さて 緑あふれる 青梅の梅郷地区に
「この土地の風景に一目惚れした」というU様の平屋が完成。
本日 引渡セレモニーを執り行いました!

DSC_5388s

社長や営業担当の笠間から
「これから永いおつきあいとなります。シムラをよろしくお願いいたします」と
挨拶を頂いた後、はさみを用意しテープカット^^
そして設計担当の伊藤から花束の贈呈です☆
DSC_5395s

自転車でトレイルするのが趣味というU様。
さて その一目惚れしたという風景・・・・
そしてはじめから平屋にしたかったというこだわりの住まい。
インタビューにもお答え頂きましたので
後日 施工事例にアップいたします。

→今までの施工実績はこちらをどうぞ

まずは この風景をご覧下さい☆
DSC_5426s

緑あふれる山々が見え、心地良い風と 鳥のさえずり
スタッフも「うらやましい・・・」とため息です

DSC_5432s

これからの楽しみが増えてワクワクしているご様子のU様でした。
撮影に快くご協力頂き ありがとうございました!

この度は本当におめでとうございます☆
そしてこれからも シムラをどうぞ宜しくお願いいたします

DSC_5415s

引渡セレモニーを執り行いました

終了しました

こんにちは、いよいよゴールデンウィーク目前ですね。
新緑も美しい気候の良い日に、先日見学会にご協力頂いたW様の
引渡セレモニーを執り行いました★

緊張しながら赤いカーペットの上を歩いて登場くださったW様ご家族。
DSC_5198s

社長、営業担当より挨拶を述べた後、テープカット!
そして設計の白岩より花束贈呈・・・・
DSC_5227ss

W様にセレモニーの最後に一言頂きました
「シムラの家に住める事を誇りに思います。」
とおっしゃって 下さったW様。
スタッフ感動(TT)

DSC_5232ss

これからも長いおつきあいをお願いいたします。

そして お子さんと一緒に 家の鍵を開けて
お家に入ります★
はじめて開ける 自分の家の鍵・・・
DSC_5236ss

もともと
自然素材をふんだんに使っていたり、
木のぬくもりがある家に住みたかったと仰るW様。

2年程前、奥様が郷の家モデルハウスを一目で気に入り、
「すごい良かったよ」と家に帰ってからご主人に話し・・・・
そしてご主人も、見学に行き・・・・

『一歩入ったらシムラの家に惚れた』
と仰る程、木の家の魅力のとりこに。

シムラを好きになったら
なおさら 木の物が好きになった。
というご主人と奥様。

この日の引渡セレモニーは、シムラからのサプライズだったのですが

W様から 担当営業と設計士に 
木の名刺入れとペン(しかも名前入り)のプレゼントで逆サプライズ!!

「恐縮する位 嬉しいものを頂きました」と
終始笑顔がこぼれる 設計士と営業担当でした。。。。(うらやましい!)
DSC_5257ss

DSC_5249ss

インタビューにもご協力頂き、ありがとうございました。
その様子は  後日施工事例にてアップいたします。

お楽しみに♪

出張版☆家づくり図書館 ~家育の家~

熊本及び九州地方の皆さんにはお見舞い申し上げます。
今日は弊社モデルハウス「杜」を、支援物資の寄付受付けの場に提供させて頂きましたが、一日も早く穏やかな日常が戻る事を願いつつ、私たちにもできる事をしていきたいと思います。

 

 

こんにちは!空間クリエイターの白岩です。

久しぶりの家づくり図書館です。

 

テーマは「家育」

東日本大震災の前、世の中が太陽光発電やIHクッキングヒーターの登場でオール電化が流行っていた頃、家庭で火を見たことがないために、火を知らない、火に触ると火傷をするという事も知らない子供が増えたと聞きました。

火に限らず、家庭内だったらちょっと痛い、ちょっと擦りむいた、で済みつつそれで覚えて危険を察知する能力が付いていきますが、家庭内で何も学ばずに外へ出てしまったら、高い建物、車、がけ、川、、、そのちょっとが、大けがや命に関わる事ばかりです。

個人の自由が、わがままや自己中心的思想とはき違えられ、責任を負わされる会社や大人が増えてしまい、世の中が何でもかんでも保全をとる、過保護な時代になりつつある今。。

私たちは「住んでいるだけで家育になる家」を目指したいものです。

 

例えば、シムラのモデルハウス「杜」には、枝付きの磨き丸太が立っています。

構造的には枝なんて関係ないし、過保護的に考えてしまうと危ないだけのデザインです。

しかし、家づくりにとって最も大切なポイントはそこだと考えています。

 

時々、「何のために家をつくるのか」と自分に問いかけます。

それは、家に住む側でも、家を提供する側でも、同じです。

 

何のために家をつくるのか。

 

家づくりだけでなく日常のあらゆる事に通じると思いますが、

私たちは、ついつい目の前に起こる即物的な何かや、数字や文字に追われ、それらばかりに捉われがちで、、、

ふと冷静になった時に還り見ると、目的と手段が逆になってしまっていたりします。

 

何のために家をつくりますか?

 

どんな風に暮らしていきたいですか?

 

根源にあるのは「安らぎ」とか「愉しい」とか「好き」いったとてもシンプルな感情だと思います。

発想もデザインも技術も数値も理論も、、、その感情、心を満たすための手段であり、決して目的ではありません。

そんな家を、そんな暮らしを、そんな場を創りたい。

木の家づくりから、木の暮らし、木の住環境づくりへと、意識を広げて出来上がったのが「杜」です。

その丸太の不規則な枝、曲面の天井、壁の漆喰のコテ模様など、「空間のリズム」は無機質で幾何学の工業的な家では育めない、子どもたちの心や感性を育んでくれます。

それら含め「杜」全体に言える事ですが、公園のような空間づくりを、建築そのものが遊具になるような家づくりを目指しました。

ベンチのように座れる床、登れる柱や壁、寝っ転がって見ていて楽しい天井、お絵かきできる土間、、、

子どもの心を育む住まい。自然界の素材に触れ、自然界のリズムを感じられる暮らし。

 

これからも、さらなる「家育の家」をご提供できるように研鑽を積んで行きたいと思います。

11700828_1686512631577660_5787949246613522381_n

いよいよ明日!【自然素材の家】完成見学会

4月16(土)17(日)の二日間
シムラの自然素材の家 完成見学会を開催します。

IMG_1522s

大きな屋根が特徴的なW様邸。
壁、天井まで全面漆喰。
玄関を開けた時のさらりとした空気感はぜひ体感頂きたいポイントです。
また、オリジナルの造作家具「マトリョーシカ家具」や
3部屋からアクセス出来る「インナーバルコニー」などなど、見どころが沢山です。

暮らしから考える設計は、
形になっていくまでのストーリーを聞く事で
家づくりの参考になると思います。

IMG_1524

新築で建てたばかりの家に入ると、
つんとした匂いやクロスの匂いにめまいがする・・・
という経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

木の家は断熱材や内装材にもこだわりの素材を使っているため、
家に入った瞬間から木の香りに癒されます。

木が好き、自然素材が気になる・・・・
アレルギーに悩んでいる・・・という方
ぜひ 五感で感じて頂きたいと思います。

建て主のWさんの事や今までの打ち合わせの事を思い出している内に、
「一つ屋根の下で」というドラマのテーマソングが頭をぐるぐるしているという
設計士の白岩によるスタッフブログ、ぜひご一読ください。

出張版☆家づくり図書館~住宅4.0~

さらに
この2日間 アンケートにお答え頂いた方にもれなく!
ロースイーツ盛り合わせセット(ドリンク付き)の無料券をプレゼントしております。

『美味しいのに食べても太らない!』
Kitch Nytの人気スイーツです。
ぜひ この機会をお見逃しなく☆
image1

A3-omote-out

A3-ura-out
【お問合せ】
健幸工房シムラ
0428-31-5550
現地へは直接お車でもお越し頂けますが
事前にお電話頂けますとスムーズにご案内できます。

出張版☆家づくり図書館~住宅4.0~

こんにちは!空間クリエイターの白岩です。

来週末、4/16-17 新しい住宅の完成見学会を行います!
~ 一つ屋根の下で ~

 

見学会の広告のために、建て主のWさんの事や今までの打ち合わせの事を思い出しながらスケッチパースを描いていたら、幼い頃に見ていた「一つ屋根の下で」というドラマが頭をよぎりました。
で、チューリップの「サボテンの花」が頭の中をぐーるぐる。笑
この家は屋根が大きなテーマでした。
初めて敷地を見た時、周りにも住宅が点在する閑静な住宅地、それも割と古くからある家が多かったので、周りとの景観の調和をまず考えました。それと同時に、謙虚さと内なる強さを併せ持つ、日本の心。武士道のような家が良いのではないかと直感しました。
それは、若いけれどどこか古風な所も感じる施主のWさん夫婦に対する私の印象でもあります。
「新しい空間だけど、どこかレトロな風情を感じれる、心安らぐ家にしたい」

 

そんなWさん夫婦の想いとも相まって、打ち合わせはとても楽しく進みました。
そして現れたのが、日本の寺社仏閣にも通ずる、できるだけ建物の高さを低く抑えつつも、しっかりと内を守るゆるぎない屋根を持つ家の姿でした。
それはまさに、周りに配慮し謙虚な心を持ちながらも、誰よりも強く大切な人を守るという、
日本文化の美意識、日本人のアイデンティティそのものです。
日本人の、日本人による、日本の家

 

話はちょっと飛びますが、、

 

アメリカの有名な経済学者、フィリップ・コトラー氏がマーケティングについてこんな定義をしています。

 

マーケティング1.0:製品中心主義(Mind)

マーケティング2.0:消費者志向(Heart)

マーケティング3.0:価値主導(Spirit)

マーケティング4.0:自己実現(Self-Actualization)

 

同じ世の中の事ですから当然ですが、これを最初に見た時は驚きました。
現在の住宅業界にもまさに当てはまるからです。
住宅産業で言うと、
住宅1.0 :大量生産ハウスメーカー時代

住宅2.0 :個性的な注文住宅時代

住宅3.0 :暮らし提案住宅時代

住宅4.0 :これからの住宅

 

1.0、2.0は時代遅れ。

現在は、3.0が主戦場の住宅戦国時代です。

でも、、、私は4.0をずっと目指してきました。

 

住宅4.0

 

それは、理屈や理論を超えた「心の在り方」だと感じています。

自己実現。

大量生産の工場都合でもない、

建築家の芸術作品でもない、

お客さんのYESマンでもない、

性能でも、デザインでもない、

ただ「好き」な家。

多数決のモノサシではない、

既成概念にも捉われない、
「わたし」の正直な家。

その家の創り方は、「プロフェッショナルが導きあなたが見つける家づくり」という事の先にあるのかなと考えています。
なんとなく、この家はそんな家に近づけたかなと自負しています。
どうでしょう?Wさん。笑
引っ越したら、美味い酒でも飲みながら、ホンネ 聞かせてくださいね☆
A3-omote-out

A3-ura-out

私たちはこんな所で仕事しています

つい先日の事ですが、事務所が増床して広くなりました。

スタッフの増員や、デスクの移動などもあり、春らしく?席替えです。

お客様との商談スペースも少し変わりました。カウンターが増えたり、仕切りにあった棚が無くなり、大きなひとつの空間になりました。

小上がりスペースには赤ちゃん連れの方用にハイローチェアもあります。
写真にはありませんが、小さなお子様用に絵本や木のおもちゃのある キッズスペースも。

IMG_1399s

事務所のあちこちには地域の作家さんの作品もさりげなく展示。
手触り感のあるものや素材が、木の家としっくり合います。

IMG_1408s

IMG_1402s
そしてこちらは 仕事場スペース。もしかしたら初公開かもしれません。
打ち合わせスペースとは違い、こんな雰囲気の中仕事をしているんですよ。
結構 木のモデルハウスの中で仕事をしているイメージがあるようですが、
そこまで贅沢出来ません・・・・

部署ごとに配置が変わったばかりですが
昼間は デスクにおらず 現場に出ているスタッフがほとんどです。

奥が営業デスク。手前がリフォーム、アフター担当のデスクです

こちらは隣の建築部のデスク。
今日は珍しく設計士が揃っています。
デスクワークのイメージがあるかもしれませんが、
現場に確認に行ったりする事もあります。
写真右にあるもやっとしたのは加湿器。風邪も流行っているので乾燥は大敵!

IMG_1419s

IMG_1422s
そして裏の休憩室には、スタッフ掲示板。
モデルハウスのイベントチラシや
2月から始まった投扇興の会のお知らせなど掲示しています。
シムラには他に マラソン部、サイクリング部、バスケ部があり
これから 外での活動も増えていきそうです。各部は 社員でなくても参加できますので
興味のある方はぜひお知らせください^^

家づくり図書館 番外編 ~あの日から~

こんばんは。設計士の白岩です。

今日は、私にとって、おそらく皆さんの中の多くの方にとっても大切な日だと思うので、少し真面目な内容をつらつらと。。

この内容になると完全に公私混同します。ごめんなさい。

でも、建築にとって、皆さんの家づくりにとって、建築家という生き方にとって、根本的で最重要なことだと思いますので、

あえて家づくりセミナーの題材にさせて頂きます。

 

東日本大震災から5年ですね。

もう、なのか、まだ、なのか。毎年わからなくなります。

個人的な事を思い出すと、ちょうどあの時は新宿にある設計事務所で保育園の設計を担当していました。

個人住宅を何軒か担当し終え、この保育園で一区切り付け、独立を意識していた頃でした。

あの頃の私は、保育園という子供たちの未来を創る場所を設計していた事もあって、どこか社会の未来にまで意識を発展させ、野望にも似た夢と可能性に意欲を燃やしていた時でした。

そして、2011年3月11日 午後2時46分。

最初はいつもの通り、あ、地震かぁ。なんて感じでした。

そして、「割と強いね」なんて同僚と話しながら棚から落ちそうな時計を持ち上げた辺りから、どんどんとめどなく揺れが大きくなり、まずい!と思ってみんなで外に出ました。

その後は皆さんもご経験された通りです。

揺れがおさまって少しした後、近所の電気屋さんのテレビで流れていた信じがたい映像。。

 

建築が、家が、暮らしが、生活が、夢が、希望が、人まで、全て流されてしまった数日後の被災地の映像を見て、私は建築が分からなくなりました。

虚しいというか。しばらく建築を考える事ができませんでした。とりあえず仕事は止められないから、図面を無表情で淡々と修正する日々が続きました。

ほんとに何も創造ができなかった。単純に設計が楽しくなかった。何やっても楽しくなかった。いっそ全部放り投げて山にでもこもってしまいたかった。

今でもあの時の感覚を思い出すと、胸がなんか変な感じになります。

 

私は福島県が地元という事もあって、あの後色んな人から心配の連絡やあたたかい言葉を受けました。

卒業以来連絡もしてなかった古い友人たちとも連絡を取り合いました。

全く知らない人たちとも、色んな形で何らかのコミュニケーションが生まれました。

なんというか、みんなに共通の目的ができたというか。。。

 

それまでは、IT革命、インターネットによる情報化社会になって、個人の力が社会に直結する時代でした。

事実私も、インターネットを使えば世界中の設計コンペに参加できたし、日本中の人々に営業ができ、従来の設計だけでなく様々な住宅産業ビジネスの展開も見込め、一人で何でもやっていけそうな手ごたえを感じていました。

 

でもあれほどの自然の力の前では建築も自分も全くの無力だという事を、まざまざと見せつけられました。

それから私は一人で独立する事を止め、仲間やチームを求めるとともに、家を単体で考える事をしなくなり、今こうして皆さん家づくりのお手伝いをしています。

 

この5年の間に色んな仲間や同志、先輩に出逢いました。

住宅設計からの様々な発展、暮らし全体への展開、地域社会への貢献。

皆さんの毎日の生活全体を彩る様々なモノやコトが見えて来ました。

物としての家ではなく、建築物としての住宅でもなく、人の暮らしの場としての住まい、毎日の生活環境を。

一人の建築家による作品ではなく、家づくりのコラボレーションチームによる○○さんの家を。

そして、数値やロジックを超えた、単純に「好き」になってもらえる家を。日々の暮らしを。

 

未来に向かってお届けしていく事を、今日という日に誓いたいと思います。

 

113064021_624

若草公園ー河津桜ー今が見ごろです

3月6日(日)青梅市 河辺町にある 「若草(わかぐさ)公園」に行ってきました。

毎年 お花見の時期には沢山の方が遊びに来る公園ですが
一足先に咲き始めた 河津桜が見ごろを迎えていました!

IMG_1304

今日はうぐいすの鳴き声も聞こえ、すっかり春らしくなりました。
お子さん連れでお出かけにオススメの公園です。

IMG_1301

IMG_1302

<若草公園>
青梅市河辺町8-14-3
0428-32-5353
3箇所 駐車場あり

☆神棚のような家!?完成見学会☆

こんにちは!設計士の白岩です。

昨日は3月3日、ひな祭りでしたね!

私はすっかり忘れていましたが、カミさんがちらし寿司やら何やらを夕飯に作ってくれたおかげで思い出しました。

そんな私が言うのもなんですが、私は日本の四季を愛でる文化が大好きです。

さらには、二十四節季に七十二候。

日本文化の根源は、自然を畏れ、敬い、憧れ、そして共生の思想です。

和の心にも、日本的暮らしぶりにも、住み方にも、家のつくり方にも、その軸が通っている気がします。

そんな、日本の気候風土、文化から考えた住まいが完成しました。

建て主さんの要望は、

「周辺環境に馴染み、あたたかみがあり、けれどどこか上品な家」

私は、

周辺環境に馴染み・・・日本の気候風土からのデザイン

あたたかみ   ・・・自然素材のデザイン

どこか上品な  ・・・寺社仏閣的な日本の文化からのデザイン

と考え、

じゃあ「神棚のような家ですね」と言って笑った事を思い出します。

そんな、日本の気候風土に馴染み、あたたかみがあり、上品な、神棚のような家が出来上がりました☆

建て主さんのご厚意で、3/12(土)-13(日)の2日間で見学会を開催する事になりました。

もちろん、小上がりゴロ寝タタミ、ぐるぐる回れる家事洗濯動線、インナーバルコニー、読書ベンチ、など

愉しい暮らしの仕掛けも満載です。

ぜひ、足をお運びください。

 

【お問合せはお気軽に下記まで】
健幸工房シムラ 0428-31-5550
下記フォームからもご予約頂けます。※見学会希望とご記入ください。
お問合せフォーム

 

a3-omote-out-1024x725

 

a3-ura-out-1024x716