シムラについて

スタッフブログ

おすすめ物件情報や日々の出来事などお伝えします。

家づくりカフェ27 ~建築と家具のあいだ~

こんにちは!設計の白岩です。

 

 

「家具のように家を考えたい」

 

 

家具のように身近に、人の暮らしに寄り添って、丁寧に住宅を考えたい。という意味です。

 

 

私の尊敬する住宅名人の言葉です。

 

 

家具のように丁寧に。

 

 

とても同感ですが、最近私は家具に住めないか考えています。

 

 

スケルトン(家の外郭。ハード)とインフィル(家の内装。ソフト)という考え方の弊社「イロドリ」という商品の延長なのですが。

 

 

耐震、免震、断熱、遮熱、省エネ、低炭素、ゼロエネルギー、創エネ、持続循環、再生、、、

 

 

家の外郭はその土地ごとの気候風土文化に適合したデザインで、時代と共に向上する技術を用いて、高い性能と品質を実現し、そこに住む人を守らねばなりません。
言わば、高い専門性が求められる部分です。

 

 

家の内部はそんな外野の事は関係ありません。
そこに住む人が楽しく、心地良いと感じ、暮らしやすい、好きになってもらえる家でなければなりません。
しかし、内部にも壁や扉が必要だしキッチンやお風呂も必要。基本的に人より大きいパーツで出来ています。
いわゆるインテリアの考え方ではまかなえない。。

 

 

ならば、外殻が家で、内部は人の住む家具と考えれば良いのではないかと。
そうすれば、家族構成がいかに変わろうとも、趣味嗜好が変わろうとも、ライフスタイルが、年齢が変わろうとも、外殻としての家の性能も構造も痛める事なく、変化し続けていけます。

 

 

家の中の家としての家具。
家具に住む家。
何言ってるかわからなくなってきたので、事例写真を何枚かお見せします。

 

 

20150909-00000001-corp_sumika-007-2-view

 

RS=^ADB

 

fa6ab23a43374f7a3aa6118f51027407
こういう事です。笑

 

 

ご興味ある方、いつでも詳しく説明します♪

 

変わってはいけない要素と、変わっていかなければいけない要素。

 

家はきっと、もっとオモシロイ(⌒▽⌒)