シムラについて

スタッフブログ

おすすめ物件情報や日々の出来事などお伝えします。

ハンモック編みワーク報告レポ♪

3月4日5日に開催した第2回 Ki to Te(木と手しごと)企画

ハンモックを自分で編む『ハンモック編み編みワークショップ』

 

手作り好きな方10名に参加頂き、オリジナルの作品が完成しました。

参加頂いたみなさま、ありがとうございました!

 

【上級者編】—————————————

4日は基本の編み方をマスターした上級者向けワーク。

前回よりもさらに大きなハンモックを作ります。

IMG_3408

糸の本数も枠もサイズアップ!

黙々と編みはじめます。(左シムラスタッフの私・・・不器用だけど頑張る)

制作時間を3時間とってありましたが、2時間程で編み上がるという集中力のあるお二人。

私は途中で色々あり、1歩進んで2歩下がる♪ペースで・・・3時間かかりました。

シムラのOBであるS様は、お子さんお二人も一緒に参加。

お子さんは楽しんで好きな色の糸を選び、手作り好きな奥様がそれを編みあげます♪

途中でお子さんも編みに参加したり、カプラ積み木で遊んだり、あやとりをしたり、自由に過ごしてくれていました♪

IMG_3412

編み終わると枠から外しながらの表彰式!

完成しました〜♪ と その場で吊るして実際に乗ってみます。

なななんと!お子さん二人がひとつのハンモックに乗れちゃう大きさ!

IMG_3418

大きいと揺れ具合もゆったりとして、より包まれた感じがします。

大人が座ってもゆったりのサイズ。

IMG_3428

びよ〜んと延ばすと足を伸ばしても乗れます。

IMG_3430

これが2〜3時間で作れちゃうなんて★

 

今回1番に編みあがったO様は、先生に「編物とか織物とかやってますか?」と聞かれる程の編み上手。

一定のリズムで、安定した編み目を作るのは意外と難しいところ、さらりとこなしてしまった強者です。

 

ハンモック、実際に揺られてみると分かるのですが

身体が包まれたままゆらゆらと揺られる心地良さは、他では味わえない感覚です

そして、もっと包まれた〜い!もっと大きなハンモックを作りた〜い!と思ってしまう・・・

 

先生に聞いたんですが、ハンモックづくりの参加人数を数えてみた所、1000人程いたとか!(1年間でですよ)

 

アウトドアブームに加え、家の中で贅沢にゆったり過ごしたい。そんな方にハンモックがハマるのは分かります^^

 

【初級者編】—————————————–

5日は基本の編み方をマスターする初心者向けワーク。

60〜90分ほどでハンモックを作ります。まずはワクワクしながら糸選び♪

IMG_3431

8名の方に参加頂きました。中にはお子さんと交代で作る親子参加も。

皆さん編み機に向かいながら集中!しています。

IMG_3432

今回、先生が言っていたのですが、「皆さん集中力が途切れなかったので、

早く作り終える方が多かったんです。木の家の効果だと思いますよ」と。

 

実は私もワークをやっていて感じました・・・野外や施設でやるよりも

気持ちが落ち着いて楽しく集中してワークを出来たんです。

それってやっぱり木の家だからこそのチカラだと思うんです。実際に木質化した校舎で子どもの集中力が上がったと立証されたた研究結果もあり、木の空間ってすごいな。と改めて感じます。

 

そして完成したハンモック。枠のまま飾りたくなる可愛さです♪

IMG_3436

実際に吊るして座ってみると

皆さん本当に「うわー!嬉しい!」と喜んで下さいました。

お子さんは言うまでもなく、ずっとゆらゆら・・・

乗ってみると本当にたのしいハンモック。

IMG_3438

講師のハンモック道山さんは 現在奥多摩在住。

ハンモックのワークだけでなく、ハンモックの設置やアドバイザー、イベント出張など全国各地のお仕事で多忙な方。

 

シムラでのワークはしばらくは無理そうだったのですが、、、

6月だったら何とか!と開催に向けて調整頂ける事になりました!パチパチパチ

 

基本をマスターした方は、上級編へサイズアップも出来ます。

糸張りから全て自分で作る編もご希望あらば!

IMG_3442

IMG_3447

日程が決まったらブログにてアップいたします。

私も作りたい!という方、

tokunaga@sumitai-ie.jpまでお気軽にメッセージ下さい。

————————————————————-

木と手しごとのワークショップ〜Ki to Te〜第3回 告知

5月20日(土)郷の家モデルハウスにて

『ハンティングチェアづくりワークショップ』4500円

chea

かわいくてつかえる!
つい持ってお出かけしたくなる
ハンティングチェアをつくります。

奥多摩のヒノキをナイフで削り、本革のシートをステッチ。(色を選べます)

講師/奥多摩の家具工房エミケンさん

お問合せ/tokunaga@sumitai-ie.jpまでお気軽にメッセージ下さい。