シムラについて

スタッフブログ

おすすめ物件情報や日々の出来事などお伝えします。

出張版☆家づくりカフェ05 ~空間のフィット感~

こんにちは!空間クリエイターの白岩です。   雪はまだ1度ですが、日ごとに冬が深まっていますね。   知人から紹介され、一度行きたいと思っている冬のイベントの一つに、横手の「かまくら祭り」があります。   地域の子供たちがかまくらの中におもてなししてくれ、甘酒やお餅をふるまってくれます。   1512_kanto_2_1_yokoteyuki_kamakura   皆さんは子供の頃などに「かまくら」を作った事はありますか?   私は福島の田舎育ちのため、かまくらと雪だるまは毎年必ず作っていました。   ああいう、包まれる空間ってすごく落ち着きますよね。   世界共通言語では、こういう居心地の良い落ち着いた場所を「ヌック」と呼び、   例えばイギリスでは「イングルヌック」と言って暖炉を囲む家族の空間を指します。 img_4432_convert_20130202174031 出典kenchiku228.blog85.fc2.com 070504nishi4 出典mitaka.jpn.org   そのポイントは空間のサイズと火です。   私たち日本人も同様で、家の中だと薪ストーブ、キャンプだとたき火を囲んでいると、心が和らぎ落ち着きますよね。 %e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a2%e5%a4%96%e8%a6%b3 そして空間って、広すぎても気持ちの拠り所が無くなって落ち着かないですし、狭すぎるとストレスになります。   広すぎず。狭すぎず。「程よい空間のサイズ」って「居心地のよさ」や「落ち着き感」にとってはインテリアや素材よりも重要なポイントで、私もよく、大きな空間の中にあえて小さな空間をコーナー的にご提案したりします。   そういった空間のメリハリって、ちょっとした事なんですけど、暮らしをとても大きく豊かにしてくれます。   何帖の部屋がいくつとか、机上の数字で杓子定規に空間を考えるのではなく、細やかで丁寧な「実際の体感としての空間のフィット感」が、現実の家には大切なんじゃないかと思っています(^_^)