シムラについて

スタッフブログ

おすすめ物件情報や日々の出来事などお伝えします。

木繋の家リフォーム中

こんにちは、健やか広報部のtokuです! 天気にも恵まれた三連休でしたね。 子どもの頃は夏の方が魅力的でしたが、年を経るごとに、秋が待ち遠しくなります。 この三連休は、日向和田の「自然素材の家」完成見学会でした。 何と18組の方に来場頂きました。 足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。 シムラが手がける注文住宅は、 ・自然素材を使っている。 ・将来の間取りの可変性も含めたプランをたてられる ・断熱や耐震素材には、環境や性能を考えている という利点が挙げられますが、(他にも色々ありますが) 二つ目の、間取りを変えられる。って、とても魅力的ですよね。 でも、実際のところ、どんな変更が出来るんだろう。って思いませんか? 東青梅のモデルハウス「木繋の家」は、地域の方にイベントやコミュニティスペースとして利用いただき、 実際に沢山の方に体感いただいたスペースです。 その木繋の家が、只今リフォーム中! というのも、まさに間取りの変更真っ最中の現場なんです。 1階は大きな変更はありませんが、2階のロフトスペースに、間仕切りを設けて寝室をつくり、 さらに吹き抜けだった一部に床を張る。という概要です。 今日は、そのリフォーム中の現場に行ってきました。 現場につくと、カーンカーンと木を削る音が聞こえ、梁に溝を彫っている所でした。 壁に埋め込んである梁なので、ひとつひとつノミで彫ります。 このノミ。一口でノミと言っても、色々な種類があって、ノミだけで10本ほど入った道具セット。 どれもきちんと手入れしてあり、よく削れそうです・・・・ さらに、造作用のノミセットや、カンナも数種類、どれも年期の入った道具たち。 道具さま。と言ってしまいそうです。 さて、床が張られたらどんな風になるのか。 そして二階の寝室となる部屋の間仕切りです。 もうこんなに作業が進んでいました。 あとは壁をつくるだけ、という事で、次回お邪魔する時には左官が入っているかも・・・ シムラの注文住宅はしっかりした構造だから、強度を保ちながら間取りを変更でき、床を張ったりが出来るんです。 家を建てたい、でも建てた後の事や環境も考え、20年先、50年先、さらにその先までずっと暮らせる。 木造住宅の寿命は本当は長い。これからは、そんな家が増えていくのではないでしょうか。