シムラについて

スタッフブログ

おすすめ物件情報や日々の出来事などお伝えします。

富岡製糸場

群馬県の富岡製糸場へ行ってきました。 世界遺産登録予定の明治5年建築の工場です。建築物のほとんどが当時のまま(1872操業) 残っていて、特に繰糸場は12.3メートルの幅で奥行きが140メートルながら木造で出来ており 当時の建築技術としては非常に高度な建築物だと思います。